マンションと最寄駅の距離

我が家がマンションを購入する時、駅からはある程度離れていても良いと考えていました。

徒歩30分以内でさえあれば良いという考えでマンションを選びました。投資マンションとしてはメリットは少なくなるのですが。

むしろ駅にあまり近いとマンションの周りがチンピラがいたり若者がうるさい可能性が高くなるから落ち着いた生活が出来ないと夫が考えました。

 

近くなればなるほど、マンションの購入価格も高くなるしある程度距離が離れている方のマンションを希望していました。

自家用車での出勤がほとんどなので必要ないと思っていました。

しかも駅までのバス停がマンションの目の前にある為、あまり問題ないように思っていました。

 

でも、実際に住み始めてみるとなんとマンション前のバス停のバスの路線は、時間通りに全然来ないバスでした。

どうやらうちの前までの道がとても混んでいるところがあるらしく、30分遅れで来る事も少なくないのです。

しかも、たまに時間通りに来る事もあるため読めないのです。

そうなると、バスが信用出来ないため駅に用がある時にも不便な思いをしています。

 

 

せっかくバス停が真ん前にあるのに待ちくたびれてしまうので、これは住んでみないと分からない失敗だと思います。

マンション購入の成功体験談

 実家のマンションを購入する際、利回りの良い投資マンションを考えているので最寄り駅まで徒歩5分で都心まで電車で10分という位置に立つマンションを購入しています。マンションを購入する際に大切なのは、駅まで徒歩圏内で行け、電車やバスの交通アクセスが容易に可能な場所に住むことです。若い頃は車に乗って運転すればいいかもしれないけれど、年をとれば運転ができずに買い物難民に陥る可能性があるので、交通の便が良い駅近くに住むことが大事です。電車やバスがあれば病院や買い物もどうにかなります。
 都心に住めば便利ですが、マンションの価格もそれなりにするため、都心から近い郊外の程よく街で田舎ではない場所に住むと良いです。マンション価格も程よいし、利便性のある場所だからそこそこ人気で売却も可能です。購入時に売却する可能性がなくても、もしものことを考えて、売却時に売れるかどうかを考えて立地場所を決めることは大切です。駅・スーパー・病院が徒歩圏内にある場所に住むと将来的にも安心です。

マンションは働くママに優しい環境

収益物件も兼ねて大阪でマンション選びする際には、子育て応援がある託児ルーム・保育所やキッズルームなど設置されているマンションを選ぶことにしました。マンション内に託児ルームがあることで、仕事行く際には保育所へ預けて出勤できますし、マンション内でお友達もできるので、なかなか安心できます。同じマンション内の方が利用していることが多いため、安心できる環境になります。住まいと保育所が離れていると、仕事後もお迎えの時間など色々考えねばなりませんし、ストレスになるためマンション内に保育所があるところは最近増えているので、利便性など考慮してマンション選びを行いました。また、子育てするにはマンション近くに公園があるところが良いので、わりと近くに公園があるなど、子育てしやすい環境が都心部にもあるので、マンションは気に入ったところを選ぶことができ、満足しています。子供がいる世帯がマンションを多々購入しているので、けっこうサポートが充実しています。

セキュリティ重視のマンション

女性の一人暮らしだと、やはり気になるのはマンションに入る時、誰かにつけられていないか、勝手にマンションに入ってこれらるのは怖いなど、セキュリティに関しては、かなり重視することにしました。マンション選びする際には、夜遅く帰宅した時の街灯状況も気になったので、住みたい地域の街灯を確認しておきました。人通りが少ない場所は避けたいので、ある程度人通りがあり、街灯が明るいところを選び、近くにコンビニがあるところが良いので、マンションから徒歩5分以内にコンビニがあるかどうかも確認しておきました。ちょっと買い物したい時にコンビニがあると便利ですし、ストレスを感じることもなく安心できるので、なかなか重要視して選びました。スーパーも駅近くは23時まで営業しているので、帰宅が遅くなった時の買い物も不自由しませんし、コンビニに寄って夕飯や軽食など買って帰るのも便利なので、生活しやすいかどうかを重視して選びました。結局は便利さが将来の収益物件メリットのおすすめポイントです。