マンションの共用部分もバリアフリーが必要

高齢の両親が戸建てからマンションに引っ越しをしました。

大阪なので投資マンションも考えましたが、高齢者はローンは組めないので一括で支払うため、新築マンションには手が届かず、築20年の中古のマンションを購入しました。室内はリフォームによりバリアフリー仕様になっており、今後介護が必要になっても大丈夫と安心していました。

しかし盲点だったのは共用部分です。比較的新しいマンションはエントランスなど共用部分も段差などのないものになっていますが、両親が購入したマンションはエントランスへ入る際に5段くらいの階段がありました。母は生活に困る程度ではありませんが少し足が悪く、先日その階段で転びようになったと言っていて、共用部分のことももっと考えるべきだったと少し後悔しています。

介護が必要になっても積極的に外に出たり、出来るだけ歩くことは、生活の質を高めるために必要だと思います。そのためマンションバリアフリーであることは、室内だけでなく共用部分にも必要だと今更ながら思いました。